心の病による休職から社会復帰をするプロセス

うつ病のような精神的な病による休職から社会復帰をするためには、まずは規則正しい生活を身につけることから始めてみるのが良いだろう。うつ病になってしまうと、不眠症状から朝起きられないという人も多くなるが、社会で働いていくにはやはり朝は、きちんと起きることが基本だ。毎日続けようとすると気が滅入ってしまうので、働く人たちと同じように平日だけは早く起きてみるといった、自分なりの目標を立てると習慣づけがしやすくなる。

また、自分にとって働くとはどういうことなのかを冷静に考えてみることも大切だ。お金のためという人もいれば、世間体が気になるからという人もいるだろう。それをよく考え、自分に本当に合っている仕事は正社員なのか、それともアルバイトなのか、といったことを書き出してみよう。そうすれば、いざ仕事を本格的に探そうというときに役に立つはずだ。

そして何より大切なのは、焦らず自分のペースで社会復帰すること。普通に働いている人からすると、もしかしたらうつ病で休職している人は怠けているように見えるかもしれない。最悪の場合理解のない言葉をかけられることもあるかもしれないが、それらの言葉を鵜呑みにすることは絶対にしてはいけない。そこから悩みを抱え込んでしまい、どんどん負のサイクルにハマっていってしまう状況に陥る可能性があるからだ。下手にプレッシャーをかけられても、自分の体調と相談しながらゆっくり職探しをするべきである。そして、最終的に仕事が探せる状態になったら、カウンセラーなどと相談しながら妥協せずに自分の条件と合致する求人を見つけてみることが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です