社会復帰は無理をしないのが重要!

病気をはじめ、何らかの原因で長期間休職してしまった場合、焦りを感じることが多いだろう。早く以前の状態に戻りたい、周りにかけた迷惑を取り返したいという思いで、社会復帰したらバリバリ働こうと思っているはずである。しかし、職場へ復帰した直後から頑張りすぎてしまう事で、病状が再び悪化してしまう事も多い。ある程度慣れるまでは、働く時間を少なくし、できることと自分の体調などの兼ね合いを見ながら仕事を進められるようにしておきたい。

焦りすぎて無理をすることは良い結果につながらないことが多いのだ。始めはセーブしておき、徐々に出来ることを増やしていくという事を考えてみよう。それに、職場の理解も必要である。休職前の職場に戻る場合は、従来の働き方ではなく、余裕のある部署にしてもらったり、短時間勤務などの形が取れないかという事を相談しておきたい。また、上司や同僚などにも理解してもらえるように知らせておこう。復帰当初はどうしても通院のために休んだり、体調不良で働けない日も出てきてしまうものだ。そういった時に迷惑をかけてしまう事もある。それをあらかじめ知っておいてもらうかどうかで対応も変わってくるからだ。

一方、新しい職場を探して就職することになる場合は、仕事内容や労働時間に余裕を持てる仕事を選んでおくことがポイントだ。そうすることで、無理せずに働き続けることができ、完全な社会復帰を目指せる可能性が高くなる。体をいたわりながら、それでも少しずつ前進していくことを意識していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です